momokei-port1.jpg

バイオグラフィー

momokei は小さいころから、絵を描くことと田舎風景とともに育ちました。


植物や動物めいた部分を含む、抽象的なアートを製作します。

 

表現手法としての核は、この世の儚さを表現する「線」の追求と、インク特有のにじみやぼかし効果といった「彼女自身の意図を超える色彩効果」です。

絵画作品から出発した製作活動は、自身の母・妻・嫁・アーティストといった多様さを反映する方向に向かいつつあり、インク以外の素材(紙・メディウム・アクリル絵の具・羊毛)とのミクストメディア作品も展開します。


2021年からは、オンラインに向かいつつある世界に向けて、アナログな記憶や五感を刺激するアートとして、自ら育てた草花や染色して紡いだ羊毛を混ぜ込んだキャンバス作品に取り組んでいます。

momokei は、かたちや色彩の先にある魂や愛を表現しようとしています。
作品は美への模索も挑戦もあらわにしており、柔らかそうに見えて強さを感じさせると好評を頂いています。

 

2017年(東京)~ 公募展に参加
2019年12月(東京) 初個展(東京・東日本橋)
2019年末  東急ハンズ2020年度の年賀状イラストコンテスト優秀賞
(全国店舗にて販売)

2020年 オフライン・オンラインでのグループ展(NY)

2021年3月 個展(神奈川県・横浜)
2021年12月 グループ展(神奈川県・横浜)

2022年2月 オンライングループ展予定 (NY)

  • Facebook
  • Instagram